News

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞作、第41回トロント国際映画祭特別招待作品『淵に立つ』に協力


モデーアは、今年5月に開催された第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 審査員賞を受賞した『淵に立つ』に協力いたします。この作品は、近年アカデミー賞の前哨戦として注目の集まる北米最大の国際映画祭、来たる9月に開催される第41回トロント国際映画祭 スペシャルプレゼンテーション部門への出品も正式に決定しています。

この映画には、制作会社MAM FILMからエグゼクティブ·プロデューサーが参加しています。このプロデューサーは、昨年国内外で公開された映画、樹木希林さん主演の『あん』の製作も担当。『あん』は、昨年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門オープニング作品に選ばれ、この度2年連続のカンヌへの正式出品となりました。

『淵に立つ』は、新世代の深田晃司監督が、圧倒的な人間描写で“家族”を問い直す、カンヌ映画祭初ノミネートで初受賞の快挙を遂げた作品です。一見平和な家族が、服役していた男性(浅野忠信)と共同生活をするようになり、姿かたちを変えていく、大胆にして緻密なストーリーテリングで観客一人ひとりの想像力と価値観に揺さぶりをかける衝撃のドラマです。また主題歌は、シンガーソングライターとして17歳で鮮烈なメジャーデビューを果たしたHARUHIが担当。深田監督いわく、「この映画は本当の意味で、映画と歌い手がコラボレーションできた稀有な例」と自負する、今秋の話題作です。
エンドロールには、MODEREのロゴも掲載されます。ぜひご覧ください。

監督・脚本・編集: 深田晃司
出演: 浅野忠信 筒井真理子 古舘寛治
主題歌:HARUHI 「Lullaby」
2016年10月8日(土)より、有楽町スバル座ほか全国でロードショー
公式サイト:http://fuchi-movie.com/
協賛会社:株式会社マリーマーブル、ミサワホーム株式会社、株式会社シネブリッジ
協力会社:MODERE他


この記事をシェア

Facebook Twitter Pinterest Google+

フィードバック