モデーアが保湿アイテムにワセリンとミネラルオイルを使わない理由

モデーアがこだわる「使わない成分」Vol.5
ワセリンとミネラルオイル

空気が乾燥しているこの季節、スキンケアにもボディケアにも乾燥対策や保湿アイテムが大活躍しているのではないでしょうか。肌をみずみずしく保ってくれる成分はさまざまですが、安全・安心な製品づくりにこだわるモデーアでは、うるおいを閉じこめて逃さない定番の保湿オイルにも厳しい目を向け、いくつかを「使わない成分」として指定しています。

ワセリンも、ミネラルオイルも、石油由来の鉱物油。
保湿剤として、化粧品や軟膏などさまざまな日用品に使われているのが、ワセリンやミネラルオイル。どちらもナチュラルなイメージを抱きがちですが、ワセリンもミネラルオイルも石油を精製して作られている鉱物油です。たとえば、固形パラフィンと呼ばれるワセリンは不揮発性で、粘度の高いパラフィン類を石油から精製することで製造されます。精製には多くの工程があり、硫酸、水酸化ナトリウム、脱色剤、シリカゲル、活性炭有機溶剤などの化学物質が使われています。

ワセリンとミネラルオイルに隠されたリスクとは?
ワセリンもミネラルオイルも、以前からアレルギー性接触皮膚炎の副作用が知られています。2015年には、ドイツの消費者団体・Stiftung Warentestが、ワセリンとミネラルオイルを含む保湿クリームからMOHA(高濃度のミネラルオイル芳香族炭化水素)が検出されたと発表。MOHAは、欧州食品安全機関によって発がん性が認められているため、Stiftung Warentestはミネラルオイルを使用しているリップケア製品を使わないよう呼びかけました。
また、アメリカの労働安全衛生局は、ワセリンと比較して霧になりやすいミネラルオイルが呼吸器に影響を与えるとして、作業環境における霧の発生限度と労働時間のリミットが定められています。

成分をめぐる安全性には、さまざまな意見がありますが、安全性に賛否ある成分は使用しない。それが、ずっと守り続けてきたモデーアのスタンス。ワセリンもミネラルオイルも、一切使用していません。これまでも、これからも、モデーアはお客さまの安全・安心を最優先した製品をお届けしてまいります。

■ワセリンとミネラルオイルを使っていない代表的な製品カテゴリ
スキンケア
ボディケア
サンケア