Personal Care

好感度・魅力を引きだす、メンズケア。


まだまだ寒さが厳しく“乾燥ダメージ”が肌に蓄積しやすい2月。暖房や外気の冷たい風にさらされ、肌の水分量は低下します。それは、男性の肌も同じ。特に男性の肌は女性に比べ、3割以上も水分量が少ないと言われています。他にも男性は、毎日のシェービングで肌に相当の負担をかけているため、特にこの時期は乾燥や肌荒れに悩む方も多いようです。そもそも、男性の肌と女性の肌は色々と違いがあると言われています。今回は男性の肌にフォーカスを当て、その特徴をひも解いてみましょう。

■男性の肌の特徴とは?
男性の表皮は女性に比べ、約0.5mm厚いとされています。厚みがあり、密度が高いため、多くの細胞が存在し、活発に活動しています。
水分量は女性の肌に比べ30~40%も少なく、女性のようなみずみずしさや弾力性はなく、硬く、キメが粗いのが特徴です。また、シェービングで肌表面や皮脂膜にダメージを与えるため、それが刺激となって肌荒れの原因になることも……。
他にも、男性ホルモンの影響で思春期のころから皮脂分泌が盛んで、女性の約2倍の皮脂量を分泌すると言われています。この多量な皮脂分泌が酸化すると、ニオイの原因にもなります。
つまり、水分量が少なく、特にTゾーンをはじめとする皮脂量が多いため、そのバランスを保つのが難しく、毛穴に皮脂が詰まりやすくニキビや吹き出物の原因になることが多くなります。また、頬からアゴにかけてのUゾーンは乾燥しやすくなります。
さらに、女性に比べUVケアを怠りがちな男性の肌は、一年を通して紫外線にさらされ、そのダメージによりますます硬く乾燥しがちです。

■男性ならではのスキンケア法
男性スキンケアの2大鉄則は、肌の油分量と水分量のコントロールです。そのため、洗顔と保湿が大切で、皮脂を適度に取り除きながら、保湿をしっかりと行うのがポイント。

Step1:洗顔
洗顔は基本的に朝・夜2回。朝は睡眠中に分泌した皮脂を取り除き、夜は日中についたホコリや汗、皮脂などを洗い落とします。
<洗顔方法>顔全体を水かぬるま湯で十分にぬらし、清潔なぬれた手に適量(さくらんぼ粒大)の洗顔料をとります。よく泡立ててから、顔全体にのばしたら、皮脂分泌が多い額、鼻のTゾーン、小鼻のまわりから洗い始め、次に、頬からアゴにかけて円を描く様にマッサージしながら洗いましょう。
その後、水またはぬるま湯で洗い残しがないようにしっかりとすすぎます。洗い終わったら、軽く顔を抑えるように、やさしくタオルで水分を拭き取りましょう。

Step2:保湿
毎日のシェービングで口元はとても乾燥しやすいため、化粧水などで肌に不足しがちな水分をしっかり補いましょう。
<保湿方法>適量の化粧水などを清潔な手にとり、お顔全体にやさしくなじませます。特に口元やアゴ・首回りなど水分が不足しがちなゾーンは、重ね付けをして丁寧になじませてください。

ニオイケア
皮脂分泌の多い男性のニオイ対策として、肌はもちろん、ボディ、ヘアケアまで気を使うことが重要です。お風呂で髪やからだをしっかりと洗うだけではなく、入浴で汗と一緒に老廃物を出す習慣を身につけましょう。
<ニオイケア>ボディシャンプーやシャワージェルなどで、皮脂や汗、汚れを取り除き、全身を清潔にしましょう。また、髪の毛や頭皮もきれいに洗いましょう。
いつでもどこでも、汗や皮脂、ニオイ対策ができる、携帯サイズのシートタイプのふき取り用化粧水も便利です。

製品紹介
■モデーア クレンザー メン
肌のベタつきやテカリの原因となる皮脂や汗、汚れをすっきりと洗い上げる洗顔料です。フレッシュグリーンの癒される香りと、オランダガラシ葉エキス(保湿成分)で肌のうるおいをサポートします。

■モデーア ローション メン
ベタつかず、なめらかにのびて、みずみずしいうるおいを与えるフェイス&ボディ用ローション。ストレスやヒゲ剃り後など、ダメージを受けやすい男性の肌荒れや乾燥から肌を守ります。

■モデーア シャワージェル メン
皮脂や汚れ、ニオイまでも泡で包みこむように洗い流すボディソープ。ローズマリー葉エキス(保湿成分)とセージ葉エキス(保湿成分)が肌にやさしくアプローチし、すっきりすべすべの洗い上がりに。

■モデーア フレッシュシート メン
汗や皮脂の汚れをいつでもどこでもサッと拭ける、厚手&大判サイズのふき取り用化粧水。メントール(清涼成分)の爽快感と、化粧水をつけたようなみずみずしさで、手軽にリフレッシュできます。


この記事をシェア

Facebook Twitter Pinterest Google+

フィードバック